読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都・四条烏丸の英会話教室「イングリッシュカフェ」のレポートブログ

脳ジムで開催されている90分=1000円でいつでも行ける英会話のブログです。

月3,000円で通える英会話はじめます!!

 いつでも通える英会話「イングリッシュカフェ」「ゼロはじめる英会話」「40代以上限定英会話」など、特色のある英会話サービスを提供してきた脳ジムですが、この度、『3,000円で通える脳ジム英会話』をスタートします。

 

英会話に興味あったんだけど、なかなかはじめられなくて・・・

 

という皆様に是非使える英語を身につけてもらいたいと考え、

この価格、このシステムにしました。

 

レベルは初級者~中級者用のクラスを豊富に取り揃えています。

スタート時期もいつでも大丈夫です。

 

場所も京都・四条烏丸からスグと通いやすいので、お仕事帰り、買い物ついでにお越しください。

 


脳ジム英会話について

 

詳しくは以下のページをご確認ください。

kyoto-eikaiwa.com

 

お待ちしております!!

時間を制する者は英語を制する

イングリッシュカフェ 英会話

はじめまして!

 

カナダ出身のフィリップと申します。

木曜日のイングリッシュカフェの担当です。

 

そろそろ年末ですので、今週のテーマは「time / 時間」でした。

 

 

f:id:goknow:20151221152705j:plain

 

 

時間についての言い方が多いけど、テキストにあまり出ないのを紹介したいとおもいます。

 

「in a bit」

 

日本語にすると「まもなく」・「もうすぐ」の意味がありますけど結構カジュアルな言い方です。

 

例えば「I’ll be finished in a bit」は日本語で「もうちょっとしたら終わりますね」って感じになります。

実は「bit」を直接翻訳したら「ちょっと」と同じ意味ですけど「in a bit」って言うたら時間の話しになります。

例えば「I’ll wait here for a bit.」が「ここでちょっと待っとくね。」になります。

 

 

「for a while」

 

 

これは「しばらく」と同じ意味です。

 

例えば「I’ll be in Kyoto for a while」は「しばらく京都にいます」になります。

 

英語では、「for a while」はかなりあいまいな言葉なので、色んなパターンに使えます。

 

 

「just______.」

 

 

このフレーズはとても便利です。意味は「~したばっかり」です。例えば:

 

I just arrived = 着いたばっかり

I just finished = 終わったばっかり

I just told you = 教えたばっかり

 

ほとんどの動詞と使えますのでいっぱい使って見て下さい!

 

 

最後に「when」の色んな使い方を練習しました。

時間の話しには、「when」は大切です。

 

今日勉強したのは:

 

「When…」いつ?

 

 

When did you come to Japan? = いつ日本に来ました?

 

 

「When I was...」~の時~した

 

 

When I was a child, I played soccer often. = 子供のころにサッカーをよくしていた。

 

「I like it when…/I don’t like it when…」~の時が好き・嫌い

 

 

I like it when the weather is nice. = 天気がいい時が好きです。

 

「When … please…」~したら~して下さい

 

 

When she comes back, please give her this letter.

 

= 彼女が帰って来たら、この手紙を渡して下さい。

 

 

やっぱり「When」をマスターしたら、自分の会話力が結構レベルアップすると思います!

 

今日のイングリッシュカフェはこんな感じでした。今度、是非参加してください!

 

 

Have a happy New Year!

 

 

(Philip)

 

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「イングリッシュカフェ」無料体験受付中!!

京都・四条烏丸徒歩2分。
90分=1,000円でいつでも行ける英会話。

 

englishcafe.hatenablog.com

 

早速、無料体験予約する

「脳ジム」受付電話:075-343-8388

1回だけでもいつでも行ける英会話「イングリッシュカフェ for ビギナー」はじまります!!

お待たせしました!!
「イングリッシュカフェ for ビギナー」始まります!!

 

f:id:goknow:20150807102609j:plain

 

英会話を「気軽に上達」することを目指したイングリッシュカフェの初心者向けクラスです。

 

「1回だけでもいつでも行ける」英会話。この夏、英会話にチャレンジ始めるならこれで決まりです。

 

中学以来全く英語に触れたことがない人でも大丈夫!!英語の初歩から英会話を楽しめるように設計されたクラスです。

 

毎週金曜日19:00〜20:00
時間利用会員:1500円
月利用会員:1000円
(税別)

 

英語に興味はあるけど、なかなか始められなくて…という方!ぜひご参加ください!!

 

早速、無料体験予約する

「脳ジム」受付電話:075-343-8388

何歳から中年(middle age)?

イングリッシュカフェ 英会話

今回のイングリッシュカフェの担当は、ジュディー先生でした。

 

 

f:id:goknow:20150709132548j:plain

 

ジュディー先生は脳ジムでのレッスンが今回で2回目ということで、まずは皆様の自己紹介からはじめました。

 

年齢、職業、趣味、またイングリッシュカフェ参加の目的まで、何から何まで違う8人が集まって英語で話をする場なんて、改めて貴重な時間だと実感しました。

 

ジュディー先生は、もう日本で長い間生活なさっているらしいのですが、日本語を使う場面がないのだとか。大切なのはやはりコミュニケーションですね。

 

さて、今回は何歳からが中年なのだろうというテーマに沿って会話を進めていきました。

ジュディー先生の「何歳からが中年だと思いますか?」という問いに対し、みなさま「40」「45」「50?」など様々な意見。それらに対し、「I’m not middle age!!!」という声も多々。(笑)

もちろん、ジュディー先生も自身のことを中年だとは思わないと仰っていました。本日お誕生日のジュディー先生、まだまだお若いです!!!

 

一体、中年とは何歳からなのでしょうか。

結局、答えが出ることはありませんでした。というのも正解が存在しないからです。

たどりついた結論は、一言で中年と言っても、その言葉が著す年齢は人それぞれ違うという事です。

 

海外のとある記事では、「60 is the middle age, Not 50」とあり、中年という言葉が表す年齢は時代によっても異なり、またどんどん上がってきていると書かれていました。

 

私自身、最初は「60歳が中年?!」と驚いたのですが、実際身近な人を思い浮かべてみると、たしかに、今の60歳はまだまだパワフルだなと思います。毎日運動したり、食事を気にかけたり、健康意識が高いですね。ちなみに、ジュディー先生のお母様もまだまだ元気いっぱいだそうです。

 

いつの日か、70歳を中年だという日が来るかもしれないですね。

 

 

(Yuri)

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「イングリッシュカフェ」無料体験受付中!!

京都・四条烏丸徒歩2分。
90分=1,000円でいつでも行ける英会話。

 

englishcafe.hatenablog.com

 

早速、無料体験予約する

「脳ジム」受付電話:075-343-8388

新しいビジネスを考えよう!!

イングリッシュカフェ 英会話

今日のイングリッシュカフェはジミー先生が担当でした。

 

今日のテーマは「dream business」でした。

 

f:id:goknow:20150421200500j:plain

 

現実的でなくても、お金や設備のことは考えなくてもいいので、自分だったらどんなことをビジネスとしてやってみたいか、を皆で考えました。また、そのビジネスプランに対して、投資できるかどうか、皆で意見を出し合いました。

 

その中でも面白かったプランを3つ紹介します。

 

まず一人目のビジネスプランは「宇宙へつながるエレベーターを開発する」というものでした。このエレベーターができることで宇宙飛行士でなくても宇宙に行けるようになったり、宇宙での調査などもしやすくなったりするそうです。

 

一度作ってしまえば、スペースシャトルを何度も飛ばすよりも低コスト・低労力で宇宙にさまざまなものを運びやすくなるそうです。また、なんとこのプロジェクトというのは現在実際に考えられているものだそうで、実現するまでに50~100年足らずで出来上がるのだそうです。

 

このプロジェクトに対しては、「多くの人が宇宙に行けるようになって楽しそう」という理由から投資したい、という人がいたり、「自分が死ぬまでには出来上がらない」から投資したくない、という意見が出ました。

 

次のビジネスプランは「ゴビ砂漠にソーラーパネルを置く」というものでした。なんと、現在理論上では、砂漠全体で太陽光発電を1時間行えば、世界中の人の1日分の電気を生み出すことができる、と言われているそうです。

 

そのため、このようなビジネスプランを実行しよう、というものでした。これに対しては「環境に優しい」ので投資したいという意見が出たり、「誰が維持するのか、砂漠の権利はどうなるのか、決めるのが難しい」などの理由から投資したくない、という意見が出ました。

 

 

最後は「フラダンス教室を始めたい」というものでした。

 

現在あるフラダンス教室の多くは、多くの生徒を抱えた大規模なものが多いそうで、そういうものではなく、こぢんまりとしたアットホーム的なフラダンス教室を開催したい、というものでした。

 

ちなみにフラダンスは女性だけでなく、男性も子供もできるものだそうです。これに対しては「フラダンスに興味を持ったのでやってみたい」から投資したい、という意見や、「他の種類のダンスもしてみたい」という理由から投資したくない、という意見が出ました。

 

以上のように今回は「夢」と「ビジネス」を一緒に考えてみようというものでした。

 

普段なかなか考えたことがなかったため、非常に難しいトピックでしたが、皆さんの意見を聞いていると、「こんなこともあるのか」と新たに発見したり、とても興味深く感じながら、トークを行うことができました。



(Eriko)


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「イングリッシュカフェ」無料体験受付中!!

京都・四条烏丸徒歩2分。
90分=1,000円でいつでも行ける英会話。

 

englishcafe.hatenablog.com

 

早速、無料体験予約する

「脳ジム」受付電話:075-343-8388

『使える』 英語フレーズ2 & 英単語ゲーム『Boggle』

イングリッシュカフェ 英会話

6月15日のイングリッシュカフェはジミー先生が担当でした。

 

f:id:goknow:20150617142510j:plain

 

今回も前回のように、学校では習わない、でも現地ではよく使われるような言い回しを習いました。

 

まずは「cover a lot of ground」です。これは「しなければならないことがたくさんある」という意味で、「something we have to do」と同じ意味になるそうです。

 

次は「Jack of all trades」です。これは「たくさんの知識がある」という意味になるそうです。使い方としては「He is Jack of all trades.」などがあるそうです。なぜJackを使うのかはわかりませんがとても面白い表現だなと思いました。

ただこれは普通、ネガティブな意味で使われるそうです。たくさんの知識はあるけれど、どれか秀でたものは一つもないような人を指して表現されるそうです。

 

次は「a cinch」です。これは「very easy」の意味でとてもカジュアルな会話で使われるそうです。

 

最後は「grab a (quick) bite」です。これは「さっさとご飯をすませる」のようなニュアンスを持っており、ファストフードなどを食べに行くときに「Let’s go grab a bite」という表現を使うそうです。

 

「eat lunch」はフォーマルな表現だそうで、大学などで友達とご飯に行くときには「eat lunch」よりも「grab a lunch」の方が、違和感がないそうです。「ご飯に行きましょう」ではなく「飯いこ~」のような違いでしょうか。

 

また文法表現の後はboggleというゲームをしました。

 

S

S

I

E

U

D

Y

L

F

N

E

C

X

A

O

S

 

このゲームはこの中から英単語を探す、という内容のゲームです。隣り合った文字のみを繋げて、離れている文字を使うことは禁止となっています。また、1度使った文字は一つの単語の中ではもう一度使うことはできません。

 

例えば

 

S

S

I

E

U

D

Y

L

F

N

E

C

X

A

O

S

 

Sから始まって、次は真下のU、次は斜め下のNをたどってSUNという文字ができます。

 

S

S

I

E

U

D

Y

L

F

N

E

C

X

A

O

S

 

上のように離れている文字を使ってSUNという文字を作ることは反則です。

 

以上のような方式で単語をいくつ見つけられるかの勝負をしました。

 

出てきた答えとしては、fax、sun、yes、die、eye、lea、shy、end、second、fun、fan、oneなどが出ました。

 

言われると確かにある、という感じがしましたが、実際に解いている間は探すのはとても難しかったです。

 

今回はゲームも含めとても楽しい授業でした。Boggleは単純ですがとてもおもしろいので皆さんもぜひ試してみてください。

 

 

(Eriko)


 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「イングリッシュカフェ」無料体験受付中!!

京都・四条烏丸徒歩2分。
90分=1,000円でいつでも行ける英会話。

 

englishcafe.hatenablog.com

 

早速、無料体験予約する

「脳ジム」受付電話:075-343-8388

英語でお題トーク

イングリッシュカフェ 英会話

今日のイングリッシュカフェはマリナ先生が担当でした。

 

今日はなんと9人もの参加者さんがいました。

 

f:id:goknow:20150617141500j:plain

 

そんな今日は、お互いにお題を出し合って、それに答えていく、という流れで進めていきました。

 

9つのお題が出されましたがその中でも印象的だった3つを取り上げてみたいと思います。

 

まず1つ目は「あなたの好きな食べ物はなんですか?」というもの。

 

これにはマリナ先生が回答しました。マリナ先生はパンが一番好きだそうです。パンはたくさんの種類があり、パン屋さんに行って色々な種類の中から毎回新しい味にチャレンジするのがとても楽しいそうです。日本人は毎食米を食べますが、マリナ先生はパンなら毎食食べられるほど好きだそうです。

 

また、前回の話の中でミートパイの話がでましたが、マリナ先生はオーストラリアの食べ物の中ではミートパイが一番で、世界中で一番好きな食べ物はパンだそうです。

ちなみに日本食の中で一番好きな食べ物はラーメンだそうで、参加者のみなさんで京都で一番おいしいラーメン屋はどこなのかそれぞれ意見を出し合いました。

ちなみに先生は9月に帰国されるそうですがその前にラーメン屋めぐりもしたいとおっしゃっていました。

 

次に同じ食べ物関連で「今日が人生最後の日だったら、何を食べますか」というテーマでした。

 

「寿司が食べたい」という回答がだされ、その中でも特にウニが食べたいというものでした。ちなみにウニは英語で「sea urchin」と言うそうです。日本酒にもビールにも合うということで特に寿司が好きだそうです。

 

最後は「音楽」がテーマでした。

 

回答された方はアメリカの音楽を聴くのが特に好き、と言われていました。なんと今までに20回以上コンサートに行ったことがあるそうです。ちなみにワンダイレクションやジャスティンビーバーのコンサートにも行ったことがあるそうです。

 

以上3つを紹介しましたが、他の6つについてもそれぞれ楽しい話を聞くことができました。1つのトピックについてのディスカッションとはまた違った雰囲気で、参加者自身のそれぞれの話を聞くことができ、とても楽しい回になりました。


(Eriko)


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「イングリッシュカフェ」無料体験受付中!!

京都・四条烏丸徒歩2分。
90分=1,000円でいつでも行ける英会話。

 

englishcafe.hatenablog.com

 

早速、無料体験予約する

「脳ジム」受付電話:075-343-8388